ワン・ダイレクション「No Control」歌詞和訳 One Direction ノーコントロール

ワン・ダイレクションのアルバム「FOUR」に収録の「No Control」を日本語に和訳してみたよ

One Direction – No Control 和訳



スポンサーリンク



染みの付いたコーヒーカップ
指紋のついたリップスティックだけじゃもの足りないんだ
君が横になっていた場所で眠る
枕カバーにはまだ無邪気さのあとが残ってる

目が覚めて
君の側なら僕は充填された銃のよう
もうコレ以上は入らないよ
僕は君だけのもの
コントロールできない
コントロールきかないんだ
力も出ない
あからさまだって気にしないよ
君がもっと欲しいんだ
戦いは今始まった、僕は目を閉じて
コントロールが効かないんだ

スポンサーリンク




舌の上で味わう
あの夜を無かったことにしたくないんだ
熱、君が横たわってた場所の
ここに残ってこの中で、一日中焼かれてたっていい

目が覚めて
君の側なら僕は充填された銃のよう
もうコレ以上は入らないよ
僕は君だけのもの
コントロールできない
コントロールきかないんだ
力も出ない
あからさまだって気にしないよ
君がもっと欲しいんだ
戦いは今始まった、僕は目を閉じて
コントロールが効かないんだ

感覚を失って
今や無防備
彼女の香水の香りに虜になっている
甘酸っぱいあの香りに

夢中になっている
ここに横たわって、時間を数えてるんだ


スポンサーリンク



目が覚めて
君の側なら僕は充填された銃のよう
もうコレ以上は入らないよ
僕は君だけのもの
コントロールできない
コントロールきかないんだ
力も出ない
あからさまだって気にしないよ
君がもっと欲しいんだ
戦いは今始まった、僕は目を閉じて
コントロールが効かないんだ

目が覚めて
君の側なら僕は充填された銃のよう
もうコレ以上は入らないよ
僕は君だけのもの
コントロールできない
コントロールきかないんだ
力も出ない
あからさまだって気にしないよ
君がもっと欲しいんだ
戦いは今始まった、僕は目を閉じて
コントロールが効かないんだ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。