Lorde「Liability」歌詞日本語和訳 ロード アルバム Melodrama

ロードのニューアルバム「Melodrama」に収録の新曲「Liability」、ライアビリティの歌詞を日本語に和訳しました。ロード自身が感じる他人には解ってもらえない自分について歌った曲ですね

 


スポンサーリンク


 

Lorde – Liability


 


スポンサーリンク


 

英語の歌詞はこっち

 

[Verse 1]
ベイビー、ほんとに傷ついた
タクシーの中、泣いている
彼は私のことなんて知りたくないんだ
私の嵐の中で踊ったのは大きな間違いだったって言うの
毒みたいだったって
だからもう家へ帰ろうかな
私が愛する少女の腕の中へ
私が滅茶苦茶にしなかった、たったひとつの愛のもとへ
彼女を喜ばせるのは至難の業だけど
彼女は山火事みたい
なんとか要求に答えようと頑張るの
ロマンスを楽しみ、ふたりでゆっくり踊るの
リビングルームで
でも知らない人が見たら女の子が一人で踊ってるように見えるだろう
頬をなでながら

 

[Chorus]
みんなは言う、君はちょっと手に負えない
重荷だって
僕にはちょっと手に負えないって
だからみんな引いちゃう、他の計画を立てるの
わかった、私は重荷なのね
君を荒ぶらせるから、去っていくんだね
私はちょっと手に負えない
みんなには

 


スポンサーリンク


 

[Verse 2]
本当は、私はおもちゃなの
みんなが楽しむための
芸が全て尽き果てるまで
そしたらみんな私に飽きるの
わかってる、夜を駆け抜けるのはワクワクするけど
夏になると必ず
プレッシャーに押しつぶされそうになる、君がいなくなるまでは
一人きりがいいの

 

[Chorus]
みんなは言う、君はちょっと手に負えない
重荷だって
僕にはちょっと手に負えないって
だからみんな引いちゃう、他の計画を立てるの
わかった、私は重荷なのね
君を荒ぶらせるから、去っていくんだね
私はちょっと手に負えない
みんなには

 

[Outro]
見ることになる
私が太陽へと消えていくのを
みんなが見ることになる
私が太陽へと消えていくのを

 


スポンサーリンク


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。